現実では数学や算数の問題が出てくるのはほぼ学校という場所です。その他にも何かの大会や社会に出てからもあるとは思いますが、それは僅かな割合だと思います。

タイトルの質問を考えてみましょう。例えば、Eテレ(教育テレビ)では、 マティマティカ2という番組やたけしのコマ代数学科やニュースなどでは紹介されています。

クイズ番組でも時々出てきます。ただ、他の教科と違って知識問題がほとんど存在しないので、取り上げられにくいのが現状です。(世界一受けたい授業ではスペシャルにならない限りほぼ取り上げられません)

実はアニメは算数・数学の問題が意外に出てきます。その理由として考えられるのは舞台にあると思います。アニメ(特に深夜アニメ)の視聴者層は主に中高生です。すると必然的にアニメの舞台は学校が中心になります。(ファンタジー物を除く)そう、そこで授業やテストの場面で出てくることがあるのです。

例として、今期のアニメを見てみましょう。あの夏で待ってるでは4話後半パートで数学のテストの答案が出てきます。 よく見ると、四角4(2)の問題はサイコロを3回振った時に和が5になる確率を求めよという問題だということがわかります。

パパのいうことを聞きなさい!の2話?では、夏休みの宿題で
                                                                    
                                                   Page 1
                                                                                                                                                                                                                        月     日(      )
単位量あたりの大きさ

   屋根にペンキをぬりました。屋根の広さは,128平方メートルで,1408㎗のペンキを使い
ました.1平方メートルあたりに必要なペンキは何㎗ですか.

式   1408÷128=11



                                        
                                       答え
                                           11㎗    
(2)リボンが44cmの長さで132円で売っています.1cm当たりの値段は何円ですか.          
  
 



                                        答え
                                                         
 というようなプリントが登場しました。 ※プリントはできるだけ本物に近づけました。 

   結論として言いたいのはアニメだと数学や算数の問題が出てくるしかもきちんとした問題になっているので、(私が)楽しめるということですね。