お久しぶりです。受験に関しては後日書きたいと思っております。

動画を見ていたらある問題が頭の中に思い浮かんだので紹介したいと思います。

画像AとB上には三角形が描かれている。辺の太さはないものとする。それぞれの頂点は異なる3点の黒点(1ドット)内にあることが分かっている。

画像Bの三角形はいずれかのタイプである。

タイプ1:画像Aの三角形と全く配置である。(可能性がある)
タイプ2:画像Aの三角形と全く配置が同じだが横にXドット縦にYドットずれている。(可能性がある)
タイプ3:画像Aの三角形から横にXドット縦にYドットずれている上、N倍拡大縮小されている。(可能性がある)
タイプ4:画像Aの三角形から横にXドット縦にYドットずれている上、θだけ回転させている。(可能性がある)
タイプ5:画像Aの三角形から横にXドット縦にYドットずれている上、θだけ回転してさらにN倍拡大縮小されている。(可能性がある)
タイプ6:画像Aの三角形が、法線ベクトルが(x_0,y_0,z_0)となる平面上に載せられている上、横にXドット縦にYドットずれており、θだけ回転してさらにN倍拡大縮小されている。(可能性がある)
タイプ7:タイプ1からタイプ6いずれにも属さない。
タイプに複数所属する場合、番号が若いものに属することにする。

画像Aの三角形と画像Bの三角形(正確にはそれぞれの黒点のx座標、y座標)が与えられた時に、画像Bがタイプ1から7いずれに属するか分類せよ。


タイプ1とタイプ2については分類は簡単だと思いますがタイプ3からちょっと厄介です。タイプ4になるともう分かりません。なぜ難しいのかというと画像Aの三角形がこうであると固定できていないからです。ですから全ての可能性を考えることになり、分類は複雑になりそうです。現実的にこの問題を解くとするならば、ドットの左上にそれぞれの頂点があると仮定して、その上で点A,B,Cを定めて、∠A及びAB,ACを求め、誤差の範囲を三角形ABCに応じて適当に定めれば何とかなるかもしれないです。でも、厳密に考えるとどうなるのでしょう。

うまいこと高速に分類することができるプログラムができたら動画内の人物の動きを捉え、その結果コンピューターが動画においてこの人物が〜〜ということをした。ということを発見し理解できるようになるかもしれません。

その1と書きましたが、続かないかもしれません。進展があったら書きます。